CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
欲望の翼
欲望の翼 (JUGEMレビュー »)

熱帯のジャングルを俯瞰するあの緑色の風景は、飛び続ける『脚のない鳥』の視線のようだ。じわりと汗をかいた男女が、サッカー競技場の売店で『1分間の友人』になる、それは『永遠に続く1分』の始まりだった・・・。

私がレスリー・チャンに激しく恋をするきっかけになった1本。ここから香港映画にのめりこみ、今もレスリーと香港に恋をし続けている。あなたにも、『あの1分』の魔法を、是非。
MOBILE
qrcode
<< シェルブールの雨傘 | main | I'M A FOOL TO WANT YOU/恋は愚かというけれど >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひまわり
ひまわり
ひまわり


これが私の激鬱映画、『ひまわり』。
18歳の頃観たのが最初だった。深夜偶然テレビで観て、激鬱のバリ落ち。
が、激鬱だから嫌い、というのではない。寧ろ激しく好きな映画だ。
名画だと叫びたい。いや、私が叫ばなくても名画なんだけど。

戦争に行って帰らぬ夫を待ちながら、自宅でひとり、無言で食事するジョバンナ(ソフィア・ローレン)。もうこの姿が既に激鬱。ドアの外は燦々と太陽が照っているんだろうなと思わせるほどに、家の中の影が濃く暗い。そこに夫の母親がやって来て、もう待つな、と言う。死んでるのだろう、と。

だけど、あんなに愛し合って結婚したのだ、大笑いして大騒ぎして光に溢れる新婚旅行があったのだ。ジョバンナはひとりでロシアまで夫を探しに行く。

もうこの後は世界中が既に知っているように、激鬱で激泪の連続で、鬼のような結末が待っている。もう死んだ方がいいのか生きててよかったのか、私だったら人生であんな目に遭うのは真剣にごめんだ。

そして、嫌がらせのように鮮やかに金色に広がるひまわり畑。やめてくれえっ、あの光に溢れた愛の日々の煌きと重なってしまうではないかあっ。あれ以来私は、ひまわりの大群を見ると条件反射で泪がちょちょ切れるようになった。正直言うと、一輪見ただけでも駄目。泣く。

もういや、ホントにいや、と言いながら、時々観返してしまう映画。
文句なく名作。


戦争なんか、嫌だよ。本当に本当に嫌だ。
戦争は何もかもこわしてしまうんだから。
| Cinema | 16:44 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 16:44 | - | - |
コメント
やっと開きましたよ〜うれしい!!お久しぶりです、dearさん。
『ひまわり』を観た事ないんですが、ここの説明文をみただけでかなりウルウルしてきました・・・(さとう珠緒ほどではないですけど。。。)
それにしてもジュゲムいまだに重いとは!?
| エムラブ | 2005/01/25 7:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dear.jugem.cc/trackback/261
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/24 8:17 PM |