CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
欲望の翼
欲望の翼 (JUGEMレビュー »)

熱帯のジャングルを俯瞰するあの緑色の風景は、飛び続ける『脚のない鳥』の視線のようだ。じわりと汗をかいた男女が、サッカー競技場の売店で『1分間の友人』になる、それは『永遠に続く1分』の始まりだった・・・。

私がレスリー・チャンに激しく恋をするきっかけになった1本。ここから香港映画にのめりこみ、今もレスリーと香港に恋をし続けている。あなたにも、『あの1分』の魔法を、是非。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
引越しのお知らせ
ええと、引っ越したんですよ。
引越し先URLは、ここのタイトル画像のところに書いてありますです。
てゆか、リンク張っとけって感じですね、失礼しました。
こちらです。
★新しいおうち
(※2005/3/20:引越し先のFC2サブドメイン化によるURL変更に伴い、このリンクも書きかえました)

BlogPeopleへのURL変更申請は済みました。
新しいおうちで会いましょう。
ここはずーっとこのまんま残しておきますよぅぅ。
| Diary | 09:49 | - | - |
I'M A FOOL TO WANT YOU/恋は愚かというけれど
『レディ・イン・サテン+4』 ビリー・ホリデイ
『レディ・イン・サテン+4』 ビリー・ホリデイ


★このアルバムの曲が試聴できるところ

内部に絶えず見えない血が流れ出しているような恋の記憶はあるだろうか?
心が自分のコントロールをどこまでも外れて行き涙も流せない夜の記憶は?
もがき苦しんだ挙句に口から出る言葉は「愛してる」だけ、
届くかわからない腕をそれでも差し出さずにはいられないあの熱病。
I'm a fool to want you.
続きを読む >>
| Music | 02:28 | comments(3) | trackbacks(26) |
ひまわり
ひまわり
ひまわり


これが私の激鬱映画、『ひまわり』。
18歳の頃観たのが最初だった。深夜偶然テレビで観て、激鬱のバリ落ち。
が、激鬱だから嫌い、というのではない。寧ろ激しく好きな映画だ。
名画だと叫びたい。いや、私が叫ばなくても名画なんだけど。

戦争に行って帰らぬ夫を待ちながら、自宅でひとり、無言で食事するジョバンナ(ソフィア・ローレン)。もうこの姿が既に激鬱。ドアの外は燦々と太陽が照っているんだろうなと思わせるほどに、家の中の影が濃く暗い。そこに夫の母親がやって来て、もう待つな、と言う。死んでるのだろう、と。

だけど、あんなに愛し合って結婚したのだ、大笑いして大騒ぎして光に溢れる新婚旅行があったのだ。ジョバンナはひとりでロシアまで夫を探しに行く。

もうこの後は世界中が既に知っているように、激鬱で激泪の連続で、鬼のような結末が待っている。もう死んだ方がいいのか生きててよかったのか、私だったら人生であんな目に遭うのは真剣にごめんだ。

そして、嫌がらせのように鮮やかに金色に広がるひまわり畑。やめてくれえっ、あの光に溢れた愛の日々の煌きと重なってしまうではないかあっ。あれ以来私は、ひまわりの大群を見ると条件反射で泪がちょちょ切れるようになった。正直言うと、一輪見ただけでも駄目。泣く。

もういや、ホントにいや、と言いながら、時々観返してしまう映画。
文句なく名作。


戦争なんか、嫌だよ。本当に本当に嫌だ。
戦争は何もかもこわしてしまうんだから。
| Cinema | 16:44 | comments(1) | trackbacks(1) |
シェルブールの雨傘
シェルブールの雨傘
シェルブールの雨傘


これも一昨日だかテレビの深夜映画で観た。
カトリーヌ・ドヌーブの美しいこと美しいこと。

これ、最初から最後まで全編台詞が歌になっているわけで、ミュージカルにアレルギーのある人だとやや耐え難いかも。と言ってもインド映画のように激しく踊り狂うわけではなし、観ているうちに案外単調なメロディやフランス語の音のおかげで慣れてくる。というわけで、どなたさまも一度れっつとらい。

ちなみに「ジュテーム」とか「モナムール」とかさくっと言ってるのを聞いて、「おぉ、本当に使うのか、その言葉」となんだかちょっと驚きました。そしてこんな風にすぐに本筋から脱線していく自分に鬱。
続きを読む >>
| Cinema | 16:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
鉄道員
鉄道員
鉄道員


昨夜テレビで観たイタリアの白黒映画。良い映画だった。

人柄があまり器用でない初老の父親が、しょっちゅう葡萄酒を飲んでがみがみ言っている。微笑をもって毎日の生活を地道にこなす母親。なかなか仕事をせずに昼頃起き出してくる長男と、忍耐強そうでいて実は自我が爆発しそうな長女。ずいぶん歳の離れた末っ子は、まだ小さな男の子。別段裕福でもなく、食卓でも父ががみがみ言っているけれど、それなりに平穏な、どこにでもある家庭生活だった。

映画は、末っ子の男の子の視線で語られる。父は鉄道員の仕事をしていたが、ある日若者が機関車に身を投げる。それは仕方のない事故だったが、「俺が轢き殺してしまった」と父はショックを受け、酒を飲み過ぎるようになり、以来、家族とも友人とも亀裂が生じていく。
続きを読む >>
| Cinema | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
を も い
じゅげむが全然開かないここ数日。
重いです。あぁ言い古された言葉ですけど重いです。

北極に住んでるらしいサンタさんへ。
今年のクリスマスプレゼントは、『軽いじゅげむ』をお願いします。
| 不条理 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
私的メモ ぐーまに
ちょと興味湧いたからメモ。

『アジア海外駐在員便利帳』 さんの記事
『ぐーまにで検索エンジンのキーワード順位を一気に調べる』

★ぐーまに


うちがどれだけ『うんこ』におかされているか見てみたいだけだったりする。
| Site | 04:54 | comments(0) | trackbacks(3) |
来ては過ぎていく祭りがまた来るときまで
クリスマスだの正月だのが過ぎると、ふと奇妙に物寂しく空気も薄ら寒くなる時間。祭りの後の、くったりぱさぱさした気持ち。


一年に数回、こういう気の抜けた時間がある。そしてそれは毎年飽きもせず繰り返される。初めてのはっきりとした『祭りの後の物寂しさ』の記憶は、小学生の頃だったろうか。夏祭りの、太鼓が仕舞われて、ばたばたと夜店がたたまれ、人の流れがどんどん引いていく、あの時間。ああ、終わってしまうのだ、と、堪らなく侘しい気持ちに包まれたものだった。
続きを読む >>
| Diary | 01:06 | comments(3) | trackbacks(1) |
<ローライ> ローライフレックス ミニデジ

<ローライ> ローライフレックス ミニデジ
¥41,790 (本体価格 ¥39,800)


欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい〜〜〜〜。のでメモ。
見よ、この遊び心満載の美しいクラシカルなフォルムを!
デジカメのくせに、いちいち巻き上げクランクを回転させないとシャッターが切れないなんて、あぁぁあぁぁ、可愛いぃぃいぃぃぃぃい。
上から覗き込んでファインダーを見るんだよ!撮影画像は正方形になるのだ。普通写真ってば長方形と思い込んでるよね、くぅぅ可愛い。


【追記】
しながわさまのタレコミにより参考ページ追加

中村文夫の「新製品レポート」第9回「ローライフレックス・ミニデジ」
Rolleiflex MiniDigi(詳しい仕様説明とプロモーションビデオクリップ)
ローライ/rollei.jp
| Memo | 15:15 | comments(2) | trackbacks(2) |
お喋りの効用 高血圧編
私と彼の会話に頻出する単語は『ばか』。
日本語と英語とマレー語で、ばーかばーかと罵り合う。


あとはうんこしっこちんこまんこ満載で、私は恋人としての自分のキャラ立てがこれでいいのだろうかと事後にうっすら悩むほど、ほぼ小学生並みのシンプルな語彙とシンプルな様式で罵り合うのだが、これが案外彼にとっては息抜きになっているようである。
続きを読む >>
| Love | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/23PAGES | >>